激モテLINE術 レビュー

「激モテLINE術」が注目されている3つの理由

 

数多くの男性をモテるようにしたKABUTO(出水聡)作成の教材

「激モテLINE術」は、今まで2500人を直接指導したKABUTOの出水聡さんなどが作成しました。
出水聡さんは、TVやラジオで恋愛会話マスターとして出演していますし、セミナーは受講者が後を絶たないくらい定評があります。

 

女性との距離を縮めていくLINEテクニックが具体的に解説されている

女性との距離を段階的に縮めていくので、嫌われるリスクを排除しながら女性との距離を縮め、恋愛関係まで発展させることができます。
誰でも簡単に実践する方法が紹介されていますので、今までLINEをしたことのない人でも女性と恋愛関係に発展させることができますよ。

 

3年間のメール相談など手厚いサポート

出水聡さんにメールによる恋愛相談を3年間することができるなど、サポートが手厚いです。
また、返金保証がありますので、万が一効果がなくても損することはありません。


「激モテLINE術」のレビュー

 

「激モテLINE術」は、LINEで女性との距離を縮め、段階的に恋愛関係に発展させる方法が具体的にわかりやすく解説されています。

 

今や、LINEをきちんと使いこなすことができなければ、狙った女性と恋愛関係に発展させることは非常に難しいですね。

 

合コンなどで女性と仲良くなることができたとしても、LINEのやり取りで女性に嫌われることが当たり前のようにあります。

 

逆に、口下手で女性と話をしても距離を縮められなかったとしても、LINEで距離を縮め、恋愛感情を持たせることも可能です。

 

ですから、恋愛においてLINEは非常に重要になりますので、LINEテクニックは身につけておきたいものです。

 

 

その、LINEで女性を惹きつけることのできるテクニックが「激モテLINE術」で解説されています。

 

決して高度なテクニックではなく、誰でも使うことができ、再現性は非常に高いです。

 

それなのに、LINEで女性と恋愛関係に発展させることができる、素晴らしいテクニックです。

 

 

ただし、この教材では女性と普通に世間話ができることが前提となります。

 

今までほとんど話をしたことのない女性、あるいは事務的な話しかしたことのない女性と、LINEで仲良くなって恋愛感情を抱かせるテクニックは紹介されていません。
ですから、女性と話すのが苦手でほとんど話ができないけど、LINEだけで口説き落とす、ということはできないです。

 

 

ただ、女性と普通に世間話ができるのであれば、女性を口説き落とすのに非常に役立つノウハウです。

 

 

・女性と普通に話ができるようになるけど、LINEをしてしばらくすると既読無視・未読無視される

 

・女性と普通にLINEをすることはできるけど、恋愛関係にまで発展しない

 

・合コンなどで仲良く話をすることができた女性と、いつ・どのタイミングで・どのようなメッセージを送ったらいいのかわからない

 

・合コンなどで女性と2人で食事の約束をすることができたのに、LINEでやり取りしていたらデートの約束をキャンセルされて、連絡がつかなくなる

 

などのような悩みを持っているのであれば、おすすめです。

 

 

そういう方であれば、「激モテLINE術」で、LINEで女性と距離を縮めることができ、恋愛関係にまで発展させることができるようになるでしょう。

 

 

「激モテLINE術」の詳しい内容などは、公式ページで確認してください。

 

「激モテLINE術」公式ページへ

「激モテLINE術」と「LINEテンプレート」の違い

 

ここで、「激モテLINE術」と、もう一つの話題の教材「LINEテンプレート」の中身の違いを紹介します。

 

 

両方ともLINEで徐々に女性との距離を縮めていって、恋愛感情を抱かせるテクニックが紹介されていますので、大きな流れはあまり変わりません。

 

 

大きな違いは、「LINEテンプレート」のほうがより具体的にテクニックが紹介されている、ということです。

 

「LINEテンプレート」は、テンプレートをほぼコピペするだけでも女性を惚れさせることができます。

 

 

ただ、具体性が高くなると応用範囲が狭くなる、というデメリットがあります。

 

それで、応用範囲が狭いと、予想外のメッセージが送られてきたときに対応できなくなることもあります。

 

抽象性が高いからといって、すべての事に応用可能になるのかと言えばそういうわけでもありません。

 

ただ、抽象性が高いほど応用範囲は広くなります。

 

 

女性とのLINEのやり取りはある程度はパターン化できますので、テンプレートが分かっていればほとんどの場合は対応可能です。

 

しかし、万が一の場合は対応ができないなんてことも出てきます。

 

 

「激モテLINE術」も、具体性が高いですし、出てくる例をコピペして使うことも可能です。

 

ただ「LINEテンプレート」と比べると、例も少なく抽象度が少し高くなります

 

ということは、逆に言えば、想定外のLINEが送られてきても、応用できる範囲が広くなる、という事になりますね。

 

 

今までLINEをしたことがない、LINEで何を送っていいのかわからない、いつもLINEが盛り上がらない、理由はわからないけど女性に嫌われる、とあなたが悩んでいるのであれば「LINEテンプレート」で具体的なことからマスターしていったほうがいいです。

 

それに対して、LINEである程度はやり取りすることができるけど、恋愛に発展しない、男性となら普通にLINEできるのに女性とはなかなか続かない、と悩んでいるのであれば、「激モテLINE術」のほうがおすすめです。

 

 

「激モテLINE術」の詳しい内容は、上のリンクから公式ページに移動して確認してください。

 

「LINEテンプレート」の詳しい内容は、この下のリンクから公式ページに移動して確認してください。

 

「LINEテンプレート」公式サイトへ

LINEおススメ教材