片思い LINE きっかけ

片思いしている女性とLINEをするきっかけを作るには?

 

「片思いしてる女性とLINEをしたいけど、LINEをするきっかけがなくて…特に用事はないし…」
と、あなたは悩んでいませんか?

 

今までLINEをしたことのない女性とLINEをしたい、と思っても、そのきっかけがないと、なかなかLINEを送りづらいですよね。

 

「女性が変に思うのでは?」なんて考えたら、ますますLINEをしづらくなってしまうと思います。

 

それで、LINEをするきっかけを作ることができない、と悩む人は多いですよね。

 

 

そこで、ここでは片思いしている女性とLINEをするきっかけを作る方法を紹介します。

片思いの女性とLINEをするきっかけを作るためのポイント

 

片思いをしている女性とLINEをする流れの基本は、初めは普段会話している内容の延長であることが大切です。

 

 

事務的な話しかしていない女性に、いきなり親しげな内容のLINEを送ってしまったら、女性は引いてしまいます。

 

逆に、普段から世間話などを親しく話をするのに、事務的な内容のLINEを送り続けても、女性との距離を縮めることができません。

 

悩みなどを相談するほど親しい仲であれば、なおさら事務的な内容のLINEばかり送っても意味がありません。

 

 

事務的な話をする女性に対しては、まずは事務的な内容から、

 

世間話をする女性であれば、世間話のような内容から、

 

LINEをするのが大原則です。

 

 

LINEで普段話をしていることととは違う内容のLINEを送ると、ギャップを見せることができるから惚れるのでは、と考える人がたまにいます。

 

上手にギャップを見せることができるのであればいいのですが、下手にギャップを見せようとすると女性は引いてしまいます。

 

ですから、あまり難しく考えることなく、まずは普段女性と話をしている内容と同じような内容のLINEを送ったほうがいいですよ。

片思いの女性とLINEをするきっかけを作る具体例

 

では、片思いの女性とLINEをするきっかけを作るための具体例を紹介します。

 

 

普段事務的な話しかしない女性に対して

 

・「○○さんの出身地に旅行に行くんですけど、どこかおススメのスポットはありますか?」

 

・「△△(場所)に旅行に行ったと聞きましたけど、おススメのスポットはありますか?」

 

・「ちょっと用事があって○○さんの住んでるところの近くに友達と行くんだけど、おススメの居酒屋があったら教えてくれませんか?」

 

・「○○さんの最寄り駅の近くに、○○銀行のATMはありますか?ネットで調べてもよくわからくて…」

 

※女性が住んでいる場所の近所のことについて聞くとき、
 食事するところなどデート場所になり得るところについて聞くときは
 「友達と近所に行く」と付け加えることを忘れないほうがいいです。
 そうしないと、女性は「デートに誘ってくるのではないか?」など、
 変な勘違いをして返事をくれない(既読無視する)ことがあります。

 

※ネットで調べればわかるような事を聞くと、
 女性は「それくらいネットで調べろよ!」と思ってしまい、
 悪い印象を与えてしまう可能性があります。

 

 

世間話くらいはする女性に対して

 

・「(わざと本やDVDなどを借りて)貸してくれた本(orDVDなど)面白かった!貸してくれて本当にありがとう!」などとLINEを送り、あとはその本などの内容についてやり取りをする。

 

・「(Yahoo!ニュースなどからネタを探して)芸人の○○が結婚するんだって〜!びっくりした!」などとLINEを送り、感想をやり取りする。

 

・「さっき話をしていたお店の名前、忘れてしまったから、もう一度教えてもらっていいかな?」(「お店」を人、芸能人、物などあらゆることに変えることができる)

 

・「田舎からリンゴを送ってきたんだけど、リンゴ好き?」(この場合も、リンゴをいろいろなものに変えることができる)

 

・「今日、カレー作ってみたけど、自分で作るといまいち!○○さんはカレー作ったりする?」などとLINEを送ると、女性が好きな料理を聞き出しやすくなり、デートに誘いやすくなる。

 

・「さっきテレビ見てたけど、×××(芸能人の名前)が出てたね。×××のこと好きだったよね?」などとLINEを送ると、テレビ番組についてのやり取りをしばらくすることができる(テレビ欄をよく見ておき、女性が好きだと言った芸能人が出演しているテレビは見ておくようにするといい)。

 

 

合コンや街コンなどで知り合った女性に対して

 

「昨日はありがとうございました。楽しかったです!」と、まずはお礼をする。

 

その後は、女性と話した内容をもとにLINEをする。

 

女性とどれだけ親しくなったかによって、事務的な内容から始めるか、世間話から始めるかを判断する。

 

目安は、1対1で20分以上話すことができたら世間話、20分以下なら事務的な内容にする(あくまで目安です)。

 

上の「普段事務的な話しかしない女性に対して」「世間話くらいはする女性に対して」を参考にしてネタを考える。

 

 

プライベートなことや悩みなどを話すことができるほど仲の良い女性に対して

 

・「職場(or学校、教室など)では、ちょっと言う事ができなかったんだけど…」などと切り出して、仕事のことなどを相談したりする。

 

・女性の趣味についてネットなどで軽く調べて「今ネットを見ていたら…」などと切り出して、質問する。

 

 

「モテる男の恋愛術好きな女性を振り向かせるLINEテクニック!」(トップページ)へ

 

LINEおススメ教材